最近はオオクワガタ育成に夢中、目指すは大型個体!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の夜の事ですが、駐車場でカブト虫を発見しました。

デカイなあと思って近づくと何と『アトラスオオカブト』というヤツでした!!!!!

ツノが3本あるじゃないですか!?

逃げたか逃がしたか分かりませんが、ワイルドではないでしょう(爆)

ちょっとビックリした出来事でした。


さて本題。昨シーズンの飼育データを更新しました、完了です。

イマイチな結果だったな~と思ってるんですが、

良く見てみるとそんな悪くもないんですよね。


ブリードは累代して行くものですし単年で終わるわけではないのですが、

どうしてもその年の結果に一喜一憂してしまいますね。

結果が芳しくなく落胆されてる方も居ると思いますがまた今年頑張りましょう!


早いもので来月は2本目交換がやって来ます。

先々週の飲み会で何方か言ってましたが、

2本目35g以上の幼虫じゃないとアップしちゃいかん!!

ん~出るかなぁ(笑)
スポンサーサイト
今年は期待してたけど駄目だったなあ。

41gもしっかり羽化したんですが、その後お尻が腐ってきました。。。

まだ生存してるんでそのうちアップしたいと思いますが、

サイズ的には855ぐらい?そんなに大きくなかった(爆)

結局、今年は完品と呼べるような突出した個体は羽化しませんでした。


管理NO.12-NO1302(87.1×51)
NO1302-ノギス 

7/2:OAMLへ初令投入
9/16:32.2g→2本目OALへ
12/14:38.3g→3本目OALへ
5/24:羽化

 
管理NO.12-NO1305(87.1×51)
NO1305-ノギス 

7/2:HS800へ初令投入
9/30:35.1g→2本目HS1400へ
12/18:35.7g→3本目HS1400へ
5/下旬:羽化


この13番の2頭はワイドカウさんからの里子幼虫から羽化しました。

♂親は現ギネス個体、♀親はうちの11年3番早期羽化♀になりますが、

はっきり言ってギネスの血がとても優秀です。

もっと頂いておけばと後悔しまくりです(笑)

イメージ的には1本目からしっかりと体重が載ってきて、

羽化しくる個体はスラっと系みたいな感じでしょうか?

頭幅もそれほど出なく顎が長いです。


あと1頭だけ1番から85アップが出そうですが、

こちらはまだ固まってないので後日アップします。

ただ今年は既に85アップは珍しくないのでお蔵入りかも(笑)


2012シーズンは幼虫体重が載ったんですが羽化サイズは案外でした。

各ライン満遍なく大きくはなってますが突出ライン?

こういったラインは中々引けませんね。

良いと思われる血は積極的に入れていかないと駄目だと思います。

自前も大事ですが、大きくならなければ意味がないです。


大きい幼虫群は殆んど不全、翅パカ、尻出しになりましたが、

その中でも優れたB品を1頭アップ(笑)


管理NO.12-NO1503(85.2×52.5)
NO1503-ノギス 

7/2:HS800へ初令投入
9/30:34.3g→2本目HS1400へ
12/18:37.2g→3本目HS1400へ
5/下旬:羽化

NO1503-羽化 


こちらもワイドカウさんから頂いた里子幼虫からの羽化個体。

♂親は871同腹、♀親はうちの11年6番早期羽化、ギネス系優秀です。

この大きさで頭幅は29.4ミリしかありません。

顎も非常に長く我が家には居ないタイプです。

非常に元気なので来年は鬼使いします!

今後さらに大型化が激しくなると思われるので色んなブリードを試したいですね。
今週頭に羽化後1カ月を経過したと思われる♂から順次掘り出し開始しました。

かなり大型化が進んできてますので85ミリ以上しかアップ出来ませんか(爆)


管理NO.12-NO318(85.1×55.2)
12NO318.jpg 

6/16:HS800へ初令投入
9/30:32.8g→2本目HS1400へ
12/13:35.8g→3本目HS1400へ
5/上旬:羽化

12NO318-1.jpg 


管理NO.12-NO511(84.7×54.5)
12NO511.jpg 

6/17:HS800へ初令投入
9/16:27.7g→2本目HS1400へ
12/20:34.1g→3本目HS1400へ
5/上旬:羽化

12NO511-1.jpg 


管理NO.12-NO901(83.8×52)
12NO901_20130613184728.jpg 

6/18:OAMLへ初令投入
9/11:32.2g→2本目OALへ
12/12:34.8g→3本目OALへ
5/8:羽化

12NO901-1.jpg 


管理NO.12-NO1106(84.5×53)
12NO1106.jpg 

6/20:OAMLへ初令投入
9/11:29.0g→2本目OALへ
12/12:33.5g→3本目OALへ
5/9:羽化

12NO1106-1.jpg 


とりあえず4頭ほど85アップが羽化。

まずは能勢3番からですが、こちらは幼虫を里子に出してますのでホッとしました。

上翅が綺麗ではないですが、他の♂はとても綺麗なんですよね。

ちょっと限界の気配を感じますがアゴはスラっと系なのでまあいいか。


つづいて能勢5番。

このラインははっきり言って駄目かも。。。

上翅が少し開いてますが残りの♂はほぼ翅パカです(汗)

この♂と綺麗なラインの♀の組み合わせでどうなるのか?

やってみないと分かりませんが勇気がありません(笑)


それと能勢9番。

こちらはとても綺麗に羽化してますし頭幅も30ミリ超してます。

♀親が11年2番の早期羽化なので血統背景もグッド。

来年がとても楽しみになりました。


最後に能勢11番から。

この形状はとても好きです、はい。

このラインの早期羽化♀が居たんですが今年使ってません。

非常に悔やまれますが私の見る目が本当にショボイ。。。


どれも85ミリちょいでインパクトが激薄ですねえ。

それでも4ラインから羽化している事、この辺が重要かもしれません。

この他のラインも83ミリ~84ミリクラスは羽化してます。

たぶん20頭前後は羽化するんじゃないでしょうか。

確実にポテンシャルと言うか全体的な羽化サイズは上がってきたような気がします。

ただ85アップ、そしてそれ以上の個体は甘くないですね。

85ミリクラスはあと3頭か4頭ぐらいしか出ないと思います。


そして毎日気になってマークしていた41g、2日ほど前に羽化しました!!

見た目は完品、あとはお尻が入るかどうか?

もう楽しみはこれだけです(笑)
ようやく管理表のデータが纏まったのでアップしました。

何度も確認してアップしたので間違ってないと思いますが、

もし記載ミスがありましたらすいません。

興味のある方はガッツリ見てやって下さい。


途中★になったのも載せてますが、

やはりラインによっては強い・弱いが出てきますね。

こればっかりはやってみての結果で分かる事なので、

落ち率の高いラインは相性が悪かったと考えるしかないです。


あと極端に産まない♀も居ます。。。

本当に参るのですが、これも頑張って産んでくれたと思うしかないです。

沢山産んだから大きい個体が羽化するとは限らないし、

少ししか居ない所から大きく羽化するケースもあります。

この辺も本当に分かりませんね。


データも纏まったのでキッチリと整理してみたんですが、

以前アップしたデータとはちょっと違ってました(爆)

♂は全部で159頭、このうち30gアップは140頭ほど、

さらにこのうち35gオーバーが26頭でした。


久留米は以前もアップしましたが1番が突出して良い感じ、

能勢は満遍なくそれなりでしょうか。


能勢は3年連続で2番から85アップが出ているので今期も期待のペアをぶつけたのですが、

全くの不発に終わりました(笑)

♂親は09年2番最大のの85.4ミリ、♀親は現ギネス同腹、こんなんでも外れます。。。

羽化してみないと分からないと言いたいけど駄目だと思う(笑)
今期の菌糸交換もすべて完了しました。

最後の方は♀ばっかりでテンション上げるのが大変ですね(笑)


お題の久留米1番血統、

今期の久留米は5ラインで60頭程度しかやってませんが、

その中でも良さげな感じなのはこのラインだけです。


♂は最大で37.1g、さらに36.3gと35gアップが4本、34gアップが3本、

アベレージは33.7gとかなり優秀です。

♂親は10久留米1番の83.5ミリ、♀親は10マツノインセクト12番になります。


♂親の83.5ミリは08久留米2番血統♂82.7ミリと08マツノインセクト5番の仔、

この♂親82.7ミリは私のブリード元年、初めて松野さんから購入した79ミリペアからの仔。

マツノインセクトの血を入れて累代して来た純正マツノ久留米血統です。

やっとここまで大きくなって来たんですよね。

そろそろ特大が羽化してもいいと思うけどどうだろ(笑)


管理NO.10-KU101(82.7×53):83.5ミリ(画像使い回し)
KU101-羽化 


10マツノインセクト12番:53ミリ
10マツノ12番 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。