最近はオオクワガタ育成に夢中、目指すは大型個体!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやーだいぶ遅れましたがやっとこ2014シーズンの飼育データを更新しました。

ご購入もして頂いてますので早くしなければと思いつつもこのタイミングです(爆)

遅くなりすいませんでした。

鬼怒川の決壊から2ヵ月半ほど経ち、町もだいぶ復興しております。

一時は路上至る所に産廃の山、ここは日本なのか?と思えるほどの惨状でした。

流石にクワガタを考えてる余裕もありませんでしたが、

ボチボチ頑張って行こうと思います♪


2014シーズンの総括ですが、

究極に突出したラインはありませんが種親クラスは確保出来てるし良しか?

1番、4番あたりがうちでは優良ラインっぽい感じでした。

そこそこどこからでも85ぐらいなら羽化するようになって来たのですが、

課題はやはり小型を連発するラインを如何に減らせるか?

種親より遙かに小さい個体が連発するラインには本当に参ります。

淘汰していくしかないですが極力このようなラインは減らしたいものです。

まあ個体を見る目が無いと言えばそれまでなんですがww


管理NO.14-NO418(85.3×55.2)
14NO418-ノギス 

6/16:OAMLへ初令投入
9/16:30.4g→2本目OALへ
12/20:35.4g→3本目OALへ
6月上旬:羽化

4番からの羽化個体ですが来期の種親です。

ギネスまでは2.6ミリ以上親超え必要ですか?んー厳しくなってきたなあ(笑)
スポンサーサイト
どうもお久しぶりです。

ようやく重い腰を上げ管理表をアップしました。

お待ち頂いていた方、遅くなり申し訳ありません。

※自ブリ分は1本目で★の幼虫は管理表から外してます。


簡単にまとめてみると♂は約1/3にあたる56頭が35gオーバー。

それなりに数は出たような気がしますがやはり外れラインが足を引っ張ります(爆)

この外れラインを如何に少なく出来るかで幼虫の体重・アベレージもグッと変わって来ますね。


加温もスタートしてるので2014シーズンもいよいよ最終コーナーですが、

期待してる幼虫が暴れない事を祈るばかりです(笑)


それと2015シーズン、ペアリングを開始しました!

このペアリングのステージが私はド下手でとにかく毎年鬼門なんですよね。。。

今年はよしくわさんから秘伝のペアリングセットを頂き万全の態勢で臨んでおります。

よっちゃんありがとー!!、そして何となく上手く行きそうな気がしております(笑)


最後にご報告が一つ。

BE=KUWAの『ゼロからはじめる巨大オオクワガタの育て方』のコーナーを、

この度執筆させて頂く事になりました。

春号、秋号の2連載になりますが是非お楽しみに!そしてご購読お願いします<(_ _)>
管理NO.14-NO906(85.3×53)
14NO906.jpg 

6/17:HS800へ初令投入
9/18:33.2g→2本目HS1400へ
12/23:41.7g→3本目HS1400へ


昨年同様に9番が当たってるようですね。

37g、38gクラスも出てるのでかなり楽しみなラインになりました♪

♀親が早期羽化個体になりますが、

うちのこれまでのデータで見ると通常羽化の♀親と比較すると、

断然体重の乗りは早期羽化が勝ります。

将来的にこのパターンの累代が何かしら影響が出るかは不明ですが、

♀個体に限っては通常羽化させるメリットが殆んど感じられなくなりました。

♂はどうしても2年1サイクルになるのでそれに合わせる♀も必要ですが、

それを考えなければ♀は菌糸2本、半年羽化で何ら問題ない気がしますね。


♂の交換も2/3ぐらい終えましたが40gオーバーは3本。

もう1本ぐらい欲しいですが厳しいかな?

年内には全♂交換完了したいですね、頑張ります♪

それでは皆さん、今年もお世話になりました。良いお年をお過ごし下さい。
管理NO.14-NO918(85.3×53)
14NO918.jpg 

6/17:OAMLへ初令投入
9/19:33.1g→2本目OALへ
12/22:43.4g→3本目OALへ


これは我が家での過去最大幼虫だと思います。

大きいのが出るとやはり嬉しいものでついつい連投ですw

このクラスがスカーっと羽化して来るようなら本当に楽しいのですが、

そんなに甘くはないでしょうね。

しかしまあ小さいよりは大きい幼虫の方が楽しいですし夢も見れますよ(笑)

管理NO.14-NO310(88B×53.5)
14NO310.jpg 

6/16:OAMLへ初令投入
9/18:34.7g→2本目OALへ
12/20:40.0g→3本目OALへ


今日から3本目交換を開始しましたが1本40gオーバーが出てくれました。

これでまずは春まで退屈せず楽しめそうですw

♂親はB品ながら88ミリ、♀親は昨年羽化した883同腹の早期羽化、

血統的なバックボーンはとりあえず兼ね揃えているので無事羽化出来れば何とか。。。

この♂親は8♀付けましたが幼虫の取れたのはこの1ラインのみ、まさに奇跡です(爆)

39g台も出たので1発を期待したいものです♪






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。