最近はオオクワガタ育成に夢中、目指すは大型個体!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理NO.08-KU109(79×51.8):♂82.0ミリ
 KU109-♂82.0

5/22:オアシスMSへ初令投入
8/15:26.8g→2本目オアシスLへ
11/22:33.0g→3本目オアシスLへ
4/下旬羽化:82.0ミリ

今年羽化した久留米産の中では一番の迫力です!

腹部がちょっと太めでバランスという点からは微妙なんですが、

どんな子が出てくるのか非常に楽しみではあります。

頭幅28.2ミリ、顎幅5.4ミリ、♂の幅に関してはこの♀51.8ラインが断然勝ってます。

♀51ラインからは頭幅が28ミリを超える個体は出ませんでしたから。

逆に♀の頭幅に関しては反対でして、♀51ラインの方が太いんですよ。

この辺は数多くやらないと分からないかもしれませんが、

♂の当たりライン、♀の当たりラインってのがあるのかもしれません。


付ける♀はやっぱり迷ってます(笑)

同腹インラインはやらないつもりなので、別腹ラインが候補になりますね。

♀53.5ミリ:幼虫体重15.5g、頭幅15.5ミリ
♀53.0ミリ:幼虫体重17.6g、頭幅15.4ミリ

1♀しか付けませんがこの2♀は押さえてあります。

あとはマツノインセクト様の完全アウト♀もありますので、

時間を掛けゆっくりと悩む事にします。


全く脈絡もない話ですが、実は私、明日から夏休みをゲットしました!!

盆は仕事で休めませんので、まあ早めに休んでしまおうって事です。

来週の火曜日までの5連休、仕事もクワも忘れてオーバーホールして来ます(笑)

コメ返し、メールの返信等出来なくなりますが、何卒ご了承下さいませ。

それではまた来週!
スポンサーサイト
能勢847血統も不調♂幼虫1匹を残し、すべて羽化まで辿り着きました!

ようやく2008ブリードも終了したような感じです。

1年って長いな~と思っておりましたが、熱が入ってた為かあっという間でした(笑)

とても充実したブリードが出来ましたし、

その経験値を生かし今年はちょっと進化した自分を確かめたいところです!


さて今日の一虫は能勢847血統(7950)からの羽化個体♂の紹介です。



管理NO.08-NO207(79.2×50.8):羽化
NO207-羽化 


最終体重は30.6g、我が家の能勢847血統ではナンバーワン幼虫だった個体になります。

今日で羽化後20日経過しており、

夕方に撮影がてらノギスを当ててみましたが現状でギリ82ミリってところです。

最終的に82ミリキープは難しそうですね~、踏ん張って81ミリ後半ぐらいかもしれません。

まあ成長するって事も?考えられますからねえ(笑)

頭幅:27.8ミリ、顎幅:5.6ミリ、来期の種親候補になります!


累代する個体選びって本当に迷いますね。

先日アップした80ミリオーバーは今日時点で80.8ミリをキープ!

どれもこれも使いたくなっちゃいます。

久留米同様、能勢も多くなりそうですねえ、決断力ってのがございません(笑)
ブリードルーム
20090725.jpg 


今期1番はじめに投入したボトルは5月25日ですので、

今日でちょうど2ヶ月経過した事になりますね。

温室3台フルパワー、トータル304本入ってます。

能勢847血統♂83.1×♀53.6の幼虫が1本残ってたんですが、

どうやらマットから救出時に痛めたのか、全く潜って行かず★になりました。。。残念。



菌糸はHS、オアシス、レビンGSPの3種類使用してる訳ですが、

どう見てもオアシスの食いが断然早いです。

HS、レビンGSPにも久留米が入ってますが、

それらの個体群に関しては食いっぷりが川西G、能勢と変わりはないので、

明らかに菌糸による違いが出ているのでしょう。



2本目のボトル、ブロックは既に注文済みですが、

オアシスに投入した久留米群は早いヤツで2ヶ月半からの交換になると思います。

初令投入と違い、2本目交換は手間が掛かるでしょうから、

多少早めに動くのも悪くないでしょう、300本からありますからね(笑)

1日10本交換しても1ヶ月掛かる計算です!



昨年は2本目交換時に最大で28g台、さて今年はどうなるでしょうか?

昨年と比較すると種親のサイズ、血統、そして私のスキルがちょい上昇(笑)、

これだけ見込めば30gオーバーが出そうな気がしますが。。。

逆に出なかったらショックだろうな~(笑)
色々と悩んでましたが、結局は今年の新成虫4♂を種親で使う事に決めました。

どの個体もそれ程似ている部分が無く、

この辺はアウトラインなのかな~と思ったりしています。

で、今日はまず第一弾の紹介になります。



管理NO.08-KU211(79×51):♂82.1ミリ
KU211-♂82.1 

5/22:HS800へ初令投入
8/16:24.8g→2本目HS1400へ
11/22:31.0g→3本目HS1400へ
5/初旬羽化:82.1ミリ

81.5ミリから82ミリオーバーに成長してたってヤツです(笑)

この個体は私的に久留米産では一番お気に入りになります。

種親に選んだ4♂の中ではダントツに綺麗なんですよ。

頭幅27.7ミリ、顎幅5.4ミリ、体長サイズの割には細いんですが、

何だか分かりませんが良く見えるんですよね。

顎の形状・長さも文句ないですし、欲を言えばもう少し幅が欲しいところでしょうか。

体重の割には体長が出ている所もグッドだと思います。



付ける予定の♀ですが、別腹の53.2ミリか52.5ミリのどちらかにしようと思ってます。

♀53.2ミリ:幼虫体重16.4g、頭幅15.1ミリ
♀52.5ミリ:幼虫体重14.0g、頭幅15.1ミリ

ん~これは本当に迷ってます、もう付ける寸前まで迷ってるかもしれません(笑)

マツノインセクト様から来るアウト用♀も選択肢の一つになりますね。

基本的に久留米は1♂1♀で行きますので、2♀付ける余裕がないんですよ。

いや、それとも2♀使い少ない管理数で勝負か?

でもこれやると絶対管理数が多くなるしな~(笑)

スカも怖いし本当に悩むところです。


管理NO.08-KU211(79×51):ノギス計測
KU211-ノギス計測 
管理人マサレッド、実は一昨日の日曜日にひっそりと加齢しました(笑)

日曜・月曜と連休を頂戴して意気揚々と自宅へ帰りましたが、

祝って貰うと言う程の事は無く、ケーキを食って終了みたいな(笑)

まあもう立派なおっさんになりましたからね~、そんなもんです、はい。


でもブログを立ち上げ、早3回目の加齢ですよ。

結構頑張って続けてますね~、自分でも良くやってると思います。

今後も『オオクワ』一直線でしょうが、地道に更新して行きたいものですね。

どうかよろしくお願いします。


さて本題へ行きましょうか。

能勢847血統♂ですが、羽化10日以上経ったものは基本的に掘ってます。

もう我慢出来ないんですよね、今日現在で7~8本掘ってます。

中にはおおっ!! ってなヤツも居ますが、今日紹介の一虫はこれです!



管理NO.08-NO110(80.4×51.2):羽化
NO110-羽化 


最終体重は28.7g、素晴らしく綺麗な個体が羽化して来ました!!

羽化後10日、現状で81ミリジャストぐらいでしょうか。

たぶん固まって80ミリは超えると思います、ってかキープして欲しい(笑)

お尻もスカっと収まってますし、まさに完品になるでしょう。

30g未満からでもこのぐらいのサイズが出るってのは血統なんでしょうね~。

やっぱり現ギネス血統の力ですよ。

とりあえずこの個体よりデカイのも出てますし、

80ミリオーバーは何とかなりそうなのでホッとしております(笑)

今後もちょいちょいアップして行きますので、どうかお楽しみに~!!
管理NO.08-NO214(79.2×50.8):羽化
NO214-羽化 


能勢847血統の♂では第一号の羽化個体になります!

羽化後11日経過、ほとんどお尻が収まったので掘り出してみました。

暴れにより最終体重は23.4g、ん~かなり影響を受けたと思われます。。。

現状で77.2ミリぐらい、最終的には76ミリ台で落ち着くでしょう。


頭幅が26.4ミリ、アゴ幅は5.5ミリありますね。

ちょっと小ぶりですがカッチョイイです!!

このぐらいのサイズでアゴが5.5ミリあるとガッチリした個体に見えますね~。

種親♂79.2ミリもバランスが良い個体でしたが、

どちらかと言うと今年の種親能勢80系♂81.8ミリに似てる感じです。

このまま80ミリを超えるようなら最高なんですがね、さあどうなるか。


このラインの♂は5本居たんですが、1本だけまだ幼虫やってます。。。

セミ化というよりどうも幼虫自体調子が悪そうなんで、

たぶん上手く羽化まで行けないような気がします。

そうなると残りはあと3本、この中から種親を超える個体が羽化して欲しいものです!
まずは能勢847血統の現況報告ですが、今現在で6割以上は羽化しております。

うち♀で羽化後2週間以上経過した個体は順々に掘り出し、

軽くノギスを当てサイズを測ってるんですが、

ほとんど51ミリは超してまして最終的に50ミリ以下になる個体は居ないでしょう。

今後の掘り出しを考えても、たぶん50ミリ未満は出ても1~2頭だと思います。


今期羽化した♀をまとめると、

川西NA血統、不全が多かったので微妙なところですが、

羽化した♀はすべて50ミリオーバーです。

久留米産、こちらは一番管理数が多く31本の♀が羽化しましたが、

うち50ミリ未満は3本しか出ませんでした。

Gゴールド82系、♂は散々な結果になりましたが(笑)、それでも♀は48ミリが最小です。



ここで♀サイズの線引きです。

正直な所、♀の50ミリクラスはどの程度のものだろうか?

色々語弊がありお叱りを受けるかもしれませんが、普通サイズが中とするならば、

中の下って感覚を持ってますがどうでしょうか?

51ミリクラスが中、52ミリ~が中の上。

53ミリ~が大になり、54ミリ以上が特大クラス、どうでしょう?

別に良い♀・悪い♀の判定をしてるわけでなく、

あくまでもサイズについての事ですからその辺誤解がないようにお願いします(笑)
管理NO.08-NO117(80.4×51.2):蛹化不全
NO117-蛹化不全 


能勢847血統からのご報告です。

これは蛹化不全になったんですが、ま~ビックリしましたね。

最終体重は27.0g、完全に♂だと思ってましたよ。

やっとこ先週末に蛹化したんですが、頭が小さっ!! しかも不全発生!!

でも良く見ると何か変? 大アゴが無い? えっ、これ♀ですか?

不全なんで体長もアテになりませんが、なんと70ミリもありますよ!

流石にこれだけデカイと不全も納得ですが、こんな♀も出るんですね~。

蛹体重から推測するに、まともに羽化したと仮定すると56ミリ以上は堅いでしょう。



管理NO.08-NO117(80.4×51.2):3本目交換時
NO117-2.jpg 


ちなみに3本目交換時の画像です。

これを見て♀判定出来る方って居るんでしょうか?

NAは20g前後でも♂・♀判定を一応すべて間違いませんでした。

でも27gからになるともう♀という概念は一切ございません(笑)

今後このぐらいのサイズがまた出た場合、100%♀判定はしないと思います。

まあこのサイズを800へ入れる方は居ないでしょうから、

別に判定出来たからと言ってどうこうなるもんでもないんですけどね。

しかし無事蛹化してたらな~(笑)
管理NO.08-NO108(80.4×51.2):蛹計測
NO108-蛹計測 


我慢出来ませんでした、昨日掘っちゃいました。。。

蛹の位置がちょっと微妙ですが、そこはご勘弁下さい。

この個体は幼虫体重ナンバー3、30.1gからの蛹になります。

蛹化して10日ほど経っております。

幼虫時背中にカサブタのような物があったんですが、

どうやら蛹には影響ないようですねえ、良かった良かった。


この1本しか掘ってないので何とも言えないところがあるんですが、

とりあえず久留米との比較をしてみます、NAは対象外です(笑)

まず幼虫体重22.6g、ここを比較した場合ですが、

今年羽化した我が家の久留米では80ミリオーバーは厳しいです。

あと1gぐらいあれば完全に圏内なんですがね。


そして体長は69ミリ前後ございます。

これに関しては十分80ミリを狙える長さになります。

久留米の場合、68ミリ以上が大台の境界線になってました。


これらをまとめ、すべて良い方向に解釈すると(笑)、

久留米ほど体重が必要なく80ミリを超えて来る!!

どうでしょう? 完全に願望が強いです(笑)

蛹だけを見た場合、久留米に比べると明らかにお尻がホッソリしてるんです。

この辺で体重がちょっと少ないのかもしれません。

アゴも久留米同様に中足より下まで伸びているので、

NAみたいにサイズロスは無いでしょう。


能勢847はすべてクリアボトルを使っているので、

側面に出ている蛹に関してはハッキリ確認する事が出来ます。

ボトル越しにノギスを当てると、68ミリ~70ミリクラスが何本かあります。

この辺に期待するしかないですね~、

何とか80UPを達成し、格好だけは付けたいものです(笑)
遂に能勢847血統の♂が2本羽化して来ました!!

1本は唯一暴れてしまった個体でして、

29.3g→23.4gまでダウンしちゃいあまり期待出来なそうな感じ。。。

もう1本は27.9gからの羽化、さてどんなサイズで出てくるでしょうか?

どちらもお尻付近しか見えませんが、上翅は閉じているので完品でしょう。

来週にはお尻も収まるでしょうから掘り出し行ってみます、楽しみです!


お題の方ですが、現在迷走まっしぐらです(笑)

久留米の新成虫はもう種親クラスしか残っておらず、♂4匹♀8匹が手元に居ります。

♀に関してはスペアを残しておく必要もありますし、

再来年に何♀か使ってみたい気持ちもございます。

アウト用にマツノインセクト様から2♀飛んで来る段取りになってますし、

数的にも現状で十分な感じです。

問題は♂なんですね、いったい種親として何♂使うのか?

これはトータルライン数も重要になるのですが、まずはじっくりと4♂を見て決めようと思い、

並べてみたりサイズを測ったりしてみたんです。



まずは82.7ミリの個体、これは一番大きいわけですし弾く訳にはいきません(笑)

再度ノギスを当てるもサイズ変わらず、よしよし。

でナンバー2個体の82.0ミリ、これもいいですね~、ゴツイ!!

サイズもジャスト82ぐらい、頭幅28.2ミリは弾けない?

残っている2個体はどちらも81.5ミリのはずだった。。。

が、再計測すると82.0ミリと82.1ミリになっている、何で??(笑)

厳しめに測っていたとは言えこんなに誤差が出るとは。。。単にヘタなのか。

嬉しい誤算ですが種親選定としては非常に参った問題です。

この4♂を全部使いたくなっちゃったんですがライン数はどうしましょ?

ん~迷いますね~、こうなると1♂1♀が賢い選択でしょうか。

やっても5ライン~6ラインでしょうし、今年の♂種親も使ってみたいですしね。

アウトラインを形成して累代して行くならこれがベターな選択なのかもしれません。

累代を重ねると言う事は大変な事ですね、しみじみと実感しております。

選択の良し悪しで結果もガラっと変わるでしょうし、本当に難しいですね。
管理NO.08-KA217(79.5×51):羽化
KA217-羽化① 


羽化後12日、お尻も収まったので我慢出来ず掘っちゃいました(笑)

現状で81ミリ弱って感じですね~、固まって80ミリってトコだと思います。

意外と体重の割には体長が出ませんでした。

これは蛹化までスムーズに行けなかったのが影響してるように感じます。

蛹化まで温度MAX状態を3ヶ月ですからねえ。。。逆によく完品羽化したもんです。

しかも今までの不全率がハンパじゃないですから尚更ですよ。

アゴ幅:6.0ミリ、頭幅:28.0ミリ、先日羽化している81ミリに比べると、

一廻り小さくしたような個体になります。

でも久留米の80ミリと比べると迫力は違いますよ~!!

これで不全が少なければ・で・す・よ・ね。

でもこの♀51ラインは優秀でして、

♂6本中2本が完品、1本尻出し、全体から見たら超優秀です(笑)

♀も53ミリ~54ミリ台が4本完品です。

今年は本家様でも大きな個体はそんなに出てないようなので、

この結果に関しては自画自賛しておきましょう(笑)


それとさり気なくですが、今年の飼育データをカテゴリーにアップしました。

去年も飼育データを載せたくてどうにかならないものかと試行錯誤してたんです。

HPを運営するまでパワーはないし、ブログだけでどうにかならないか?

データ的には簡素的なものになりましたが、

投入日、使用菌糸、幼虫サイズが把握出来ればそれなりだと思います。

これだとエクセルデータを貼り付けるだけなので、

更新も追記もサクサクで楽チンです!!

来月中旬あたりから2本目に行くのが出て来そうですね、ん~楽しみだ!

管理NO.08-NO124(80.4×51.2):羽化
NO124-羽化 


ピッカピカの新成虫です!

羽化して2週間以上経過したので、掘り出して撮影してみました。

51ミリちょっとあるようですが、もう少し縮むと思うので50.5ミリぐらいになるかもしれません。

何とか51ミリをキープ出来るかもしれませんがまずはOKですよ。


昨年ブリード分の能勢847血統ですが、

今現在で♂2本を残してすべて蛹化まで進んでます。

内、♂はまだ羽化してるのは居ませんが♀は8本羽化しております。

まだ蛹してる中で気になってるのが最終体重18.7gの♀と判定した個体。

800ボトルに入ってるけど蛹のお尻しか確認出来ません。

♂なら極小クラスなんでしょうけどね。

もう気になって気になって何度露天を考え踏み止まっているか(笑)

川西NA、久留米ではあれだけ露天をやったんですがね~、

能勢847はまだ1本もやってません、大人になったのか?

まあここまで割出しやらボトル投入で忙しかったという事もありますがね。

今日あたり何か掘っちゃいそうな雰囲気ではあります(笑)


今期のボトル投入も落ち着きネタ不足になりそうなので、

能勢847血統の羽化についてはなるべく多くアップして行こうかなと思ってます。

♂は早い個体で来週中には羽化して来るのが居るはずです。

ご予約頂いてるお客様、もうしばしお待ち下さいませ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。