最近はオオクワガタ育成に夢中、目指すは大型個体!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
能勢P8250:♀52ミリ
能勢P8250♀52 


ちゅうひさんより、物凄い♀を譲って頂きました。

フォレスタさん・ちゅうひさんが飼育した能勢P8250ラインの♀52ミリです!!

恐ろしい事にこのサイズで早期羽化、そしてライン中最小の♀だそうです。

圧巻は同腹♂で85ミリオーバーが3頭、体長アベレージが83.5ミリオーバーという、

とんでもないスーパーラインになります。

わざわざまだ我が家の能勢847血統♂83.1ミリが健在のうちにという事で譲って頂きました。

ちゅうひさん、本当にありがとうございました。


8月ごろに我が家の♂83.1ミリとペアリングを完了し、

今は黙々とゼリーに食らい付いております。

このまま持ち腹越冬で来春産卵という事になりますね。

確実に種が付いてるかは不明なわけですが、既に来年の妄想もハンパじゃないです(笑)

何とか無事に幼虫を取りたいですね~、本当に楽しみです!
スポンサーサイト
今期管理数の半分程度になりますでしょうか、

時の経つのは早いもので2本目ボトル投入から1ヶ月経過しました。

先行して交換に行ったヤツは1ヶ月半経過となります。

今日もざっとボトルを見廻りましたが、特に暴れもなく順調に来てますねえ。

このままあと2ヶ月以上は引っ張りたいところです。


が、オアシスLビンに入ってる久留米♂1本が不穏な動きをしております。

側面に出て来て何やらせっせと作業をしている様子。

これは完全に蛹室ってヤツを作ってるんでない?(笑)

♂も140本から居ると早期羽化も出ますかねえ、ん~しかし早過ぎるなあ~。

でも♂の早期羽化は経験した事がないので、

これはある意味とても良い経験になるのではないか?

そんな感じで前向きに考えたい!(笑)

もう少し様子を見てみますが、

完全に蛹化へ向かっていると分かればまたアップしたいと思います。

クワネタも乏しくなる時期ですので、ちょっと楽しみが増えた気がします(笑)
2本目交換も終わりやる事も無くなったので、

ちょっと遅くなりましたが昨シーズンの結果をまとめてみます。

*ハネパカ、不全個体は含まず、尻出し個体は上翅先端まで計測。


☆川西産NA:体長アベレージ&最終幼虫体重アベレージ&最大個体
全数:♂78.3ミリ(14本:30.8g) ♀51.8ミリ(15本:16.1g)、最大♂81.0ミリ 最大♀54.0ミリ

☆Gゴールド82系:体長アベレージ&最終幼虫体重アベレージ&最大個体
全数:♂72.5ミリ(15本:22.7g) ♀49.8ミリ(16本:14.2g)、最大♂74.5ミリ 最大♀51.5ミリ

☆久留米産:体長アベレージ&最終幼虫体重アベレージ&最大個体
1番:♂79.2ミリ(10本:30.5g) ♀51.1ミリ(11本:14.3g)、最大♂82.0ミリ 最大♀53.2ミリ
2番:♂80.0ミリ(11本:31.5g) ♀51.2ミリ(17本:15.2g)、最大♂82.7ミリ 最大♀53.5ミリ

☆能勢847血統:体長アベレージ&最終幼虫体重アベレージ&最大個体
1番:♂79.3ミリ(12本:28.7g) ♀51.5ミリ(12本:14.4g)、最大♂81.8ミリ 最大♀53.3ミリ
2番:♂79.6ミリ(14本:28.3g) ♀51.9ミリ(18本:15.8g)、最大♂81.9ミリ 最大♀55.2ミリ


まずは川西NA、こちらは当初3ラインで65本の管理スタートでしたが、

最終的に完品と思われるのは19本だけとなりました。

完品率で言うと約3割弱、ちょっとデータとしては参考にならないかもしれませんね(笑)

体重の乗りが良かったのは分かるかと思います。


Gゴールドはホント酷かったですねえ、特に♂個体。

♂種親83ミリからだったわけですが全くの不発、アベレージが72.5ミリとは。。。

もう二度とこんなアベレージを出せそうにありません(笑)


久留米、能勢に限っては不全も少ないですし、かなりしっかりとしたデータだと思います。

♂に関しては久留米2番だけが唯一80ミリのアベレージを超えて来ました!!

アベレージに重きを置いてますので本当に嬉しいです!

♂11本中8本が80ミリを超えて来たんですが、

それでもやっとこ80ミリのアベレージなんですよ。

如何にアベレージを出す事が難しいかって結論です。


あとは♂の幼虫体重から見た羽化サイズ、これは完全に能勢が優秀でした。

2g程度久留米より軽かったんですが体長にはそう大差が出てません。

この辺はギネス血統の底力って感じでしょうか。


ざっとまとめてみましたが、ブリード初年度としたら上々の結果を出せました。

80ミリオーバーは川西NAが2本、久留米が12本、能勢が6本で合計20本!

さて2年目の今年はどんな結果が出るでしょうか?

何か凄い事になりそうな予感はございます(笑)
管理NO.09-NO211(83.1×52.0)
NO211-2 

5/25:HS800へ初令投入
8/25:17.5g→2本目HS800へ


試験的な意味であるにしろやるからには真剣にって事で、

能勢847血統:2番ナンバー2の♀幼虫17.5g、この娘を強制早期羽化させる事に決定!

小さな幼虫でこれやっちゃうと、ホント只のチビ♀が出て来るでしょうし、

やっぱりある程度はサイズを出したいんですよね。

そうなると必然的に狙う幼虫も大きめに限定されちゃいます。

で、選定したら能勢系しか該当幼虫が居ないって結論です(笑)

このぐらいの♀幼虫ですと普通に羽化まで持って行けば54ミリ前後は出るでしょう。

では早期羽化させたらどのぐらいで羽化して来るんだろうか?

一応狙いは52ミリに設定、理想は高く!!(笑)

昨年は狙ったわけじゃありませんが51.5ミリの早期羽化♀が2匹出てますしね、

それ以上を出してみたいってわけですよ、ハイ。


問題は温度管理、さてどうしましょ?

やはり若干でも温度差が必要な気がしますので、とりあえず21℃で管理してみます。

ここで空いていた『冷やし虫家』が活躍するのです!!(笑)

羽化の時期については12月初旬までにと考えてますので、

蛹化は遅くとも11月10日ごろまでがリミットでしょうかねえ。

あとはそこから逆算して色々とやってみる事にします。


この娘だけじゃちょっと不安なので、

スペアの意味で1番(09-NO111)の16.8gもやっちゃいます。

こちらは1本目投入が10日ほど遅く心配な面もあるのですが、

まあとりあえずはやってみて結果を見たいですね。

無事に羽化して来年種親で使えれば成功って事でお願いします(笑)
2009種親:能勢847血統♂83.1
能勢847血統♂83.1 


今日は我が家のスーパー種親、能勢847血統♂83.1ミリのお披露目です。

84.7ミリ同腹個体の中でも83ミリを超す貴重な個体になりますね。

超大型ですがゴツゴツしたイメージもないですし、本当に素晴らしいフォルムです!!

これぞまさに生きた教科書とでも言いますでしょうか、

体長に頭幅が負けず、かつ顎幅もあり直線的に長く、そして美肌!!

この個体は完全に私の目標になっております。


07年5月羽化ですが現状まだまだ元気ですね~。

何とかもう少し長生きして頂き、あわよくば来期も頑張って欲しいのが本音ですが、

来年使える確証もないので既に来期用2♀とペアリング済みです。

この2♀についてはまた後程ご紹介します。


何と言ってもまずは今年ブリード分が大事でしょう。

直仔の♂は31本居ますが、そのうち2本目交換で既に16本が30gオーバーです。

何とか種親超えをしたいですね~、いや絶対出さないといけませんね(笑)

2本目交換も完了したという事で、

かなり突っ込んだ各ラインのデータを取ってみました。

★になった幼虫は除いております。


☆川西産G血統:体重アベレージ
1番:♂25.8g ♀13.3g (♂8本、♀2本)
2番:♂    -g ♀13.1g (♂0本、♀6本)
3番:♂28.9g ♀13.6g (♂9本、♀13本)

☆久留米産:体重アベレージ
1番:♂25.1g ♀13.1g (♂10本、♀12本)
2番:♂26.9g ♀13.8g (♂11本、♀22本)
3番:♂25.3g ♀13.2g (♂16本、♀8本)
4番:♂25.5g ♀13.5g (♂12本、♀10本)
5番:♂25.6g ♀13.9g (♂9本、♀14本)
6番:♂26.9g ♀13.9g (♂10本、♀12本)

☆能勢847血統:体重アベレージ
1番:♂30.1g ♀15.7g (♂13本、♀10本)
2番:♂30.4g ♀15.7g (♂13本、♀14本)
5番:♂28.2g ♀14.7g (♂5本、♀5本)


☆能勢80系統:体重アベレージ
3番:♂28.5g ♀14.9g (♂15本、♀14本)
4番:♂28.4g ♀14.6g (♂11本、♀9本)


数字にして並べると一目瞭然ですが、能勢系が明らかに突出したデータとなりました。

使った種親が種親だけに、この結果をどう考えるか難しいですね。

すべてのラインが当たったのか? それとも種親サイズから見たら当然か?

この血統で82ミリ~の♂種親ならこのぐらい出てしまうのかもしれませんが、

ちょっと凄過ぎて判断不能です。。。


久留米も全然悪くないんですよ。


昨年のデータと比較しても2g程度アベレージが上昇してます。

一番小さいラインでも25gから出てますので、

3本目を普通に行ければ昨年よりは必ず良い結果になるでしょう。

特に2番と6番がいい感じですねえ。

まあ最大個体がこの2ラインから出るとは限りませんけど(笑)


川西は断然3番がいい感じですね!

1番はムラがありますし、2番は♂が居りません(笑)

3番はアウトラインになりますし体質の面でも期待したいです!


さて問題は2本目での伸びになるでしょう。

これも昨年のアベレージを引っ張り出すと、

久留米は7.4g、能勢は5.6gほど2本目で伸びて来ました。

昨年とは種親も違いますし様々な面から比較するのは難しいのですが、

そうは言っても期待はしちゃいますよね(笑)

仮に同じだけ伸びて来たらどうなっちゃうの? ん~何て幸せな妄想だ(笑)

本日、ようやく今期の2本目交換が完了しました。

あれだけあったボトルも見事に捌き、クワルームも綺麗さっぱりです!

今の所暴れている幼虫も居ないようなので、しばらくはやる事がなくなりますね。

この2本目は出来る限り引っ張りたいので、

順調に行けば12月に入ってからの交換になると思います。


結局♂・♀の比率も大して改善されず、

全管理数304本中、♂142本、♀151本、★が11本という内訳でした。

各ラインごとの詳細データはいずれアップしたいと思います。

全数で見れば♀が多くいい感じにも見えるんですが、

能勢系だけ♂が多いんですよね。。。一番単♀の打診が多いトコなんですけど(笑)


今日は残っていた最後の7本の交換をしたんですが、

1400が足りなくなり♂を800へ入れちゃいました。。。

久留米3番の24.8gの1本。。。ごめんなさい。

潜らず★になった分のボトルも使いましたが、結局それでも足りませんでした。

食痕じゃ分からない部分もありますし、2本目の♂・♀の判断は難しいですねえ。



そして今日の大台、能勢847血統1番から最後の1本が出ました!!

これにて合計27本目、3本目交換の妄想が止まりません(笑)



管理NO.09-NO122(83.1×53.6)
NO122-2 

6/17:HS800へ初令投入
9/14:31.2g→2本目HS1400へ
まあ結果論になるのですが、

今年は川西G血統のブリードにGゴールド82系の早期羽化♀を使用しました。

たまたまその♀が居て、スペア的な意味でペアリングをしたんですよ。

ところがドッコイ、2本目交換時の結果はかなりのものでした!

1本潜らずに★になったのも居ますが、

♂10本のアベレージは28g強出ております。

まだ途中経過ですし羽化までしてみなければ何ともいえない所なんですが、

これはちょっと強制的な早期羽化もありなのでは?

ってな事を考え出しております。


もう対象♀幼虫も絞り込んでいますので、

近々見事に選ばれた♀幼虫を紹介したいと思います、お楽しみに(笑)
管理NO.09-NO506(83.1×50.8)
NO506-2 

6/9:レビンG800SPへ初令投入
9/8:32.3g→2本目HS1400へ


管理NO.09-NO507(83.1×50.8)
NO507-2 

6/9:HS800へ初令投入
9/8:30.2g→2本目HS1400へ



能勢847血統5番ライン、こちらからもアッサリと30gオーバーが出て来ました!

種親♀50.8ミリは昨年も使用してますので2年目の♀という事になります。

昨年は♂79.2ミリとのペアリングでしたが、

2本目交換時の♂幼虫アベレージは5本で22.5g、最大幼虫が23.3gでした。



今年はと言いますと昨年同様に♂が5本。

幼虫アベレージが28.2g、最大幼虫が画像の32.3gになります。

最低でも24.7g、この幼虫でさえ昨年の最大幼虫よりも大きいんですよ。

昨年とは別の♂を付けてますし、そして何より2年目の♀、

正直なところナンセンスとも思われるペアリングに不安一杯でした。

しかし結果はどうでしょう?

2年目♀ってのを割り引いても種親♂の違いでこんなに変わるとは思ってもいませんでした。

当たり♀って良く言われますが、

素晴らしい♂であればどんな♀でも関係なく高いアベレージが出るんじゃない?

そんな事を考えさせてくれる今年のブリード途中経過です。


それとやっとこですが久留米からも30gオーバーが1本出ております!

6番ラインから出たんですが、どうやらこの6番と2番がちょっと抜けてますね。


川西G血統3番も1本追加になりました!

31.5gでしたが、この子は頭幅も大きく見え良さそうな感じでしたね~。

これで目出度く3産地すべてから1本目大台突破、合計26本目です!!



管理NO.09-KU621(82×51)
KU621-2 

6/11:HS800へ初令投入
9/9:30.5g→2本目HS1400へ



管理NO.09-KG321(79×51.5)
KG321-2 

6/9:レビンG800SPへ初令投入
9/9:31.5g→2本目HS1400へ
今日現在で277本を2本目へ交換、あと残り27本のところまで来ました!

今週中にはほぼ完了するでしょう、いや~長かった(笑)

来年は真面目に削減の方向で考えたい。


で、277本の内訳ですが、★が10本、♂が130本、♀が137本。

♂ボトルは予測の範囲で多めに入れてるものの、

流石にこんな半々みたいな予測はしていなく、完全に想定外ってヤツですねえ。

残り27本すべて♀ならどんなに嬉しいだろうか(笑)

が、どう見てもあと10本以上は♂だろう。。。1400ボトルは残り9本、ヤバイですな。



管理NO.09-NO114(83.1×53.6)

NO114-2 

6/9:レビンG800SPへ初令投入
9/7:30.9g→2本目HS1400へ


管理NO.09-NO117(83.1×53.6)
NO117-2 

6/9:レビンG800SPへ初令投入
9/7:33.0g→2本目HS1400へ


管理NO.09-NO120(83.1×53.6)
NO120-2 

6/9:レビンG800SPへ初令投入
9/7:30.7g→2本目レビンG1400へ


本日の交換にて、能勢847血統1番からの3連発!!

こちらからもサラっと33gオーバーが出没、素晴らしい♂種親です!!

2番のアベレージを超せるかも?と思ってましたが、

27gの1本が非常に効いているらしく超せない状況になってますねえ。

それでも30gオーバーのアベレージなので文句の付けようがございません。

あとは2本目の伸び次第でどちらに軍配が上がるかは分かりませんね。

これにて22本目の大台突破!

昨年は3本目の時点で30本なので、2本目時点でこの結果は信じられません。

yasukong
様、本当にありがとうございました!
管理NO.09-KG305(79×51.5)
KG305-2 

6/5:HS800へ初令投入
9/3:30.5g→2本目HS1400へ


遂に川西G血統からも30gオーバーが出て来ました!!

3番ラインになりますが、どうやらこのラインが川西G血統ではいい感じです。

現状で♂8本のアベレージが28.2g、これは能勢80系統に比べても遜色ありません。

種親♀51.5ミリがGゴールド82系の早期羽化個体になりますが、

結果論で言えばやはりアウトラインが強かった!

同腹インラインの1番も悪くはないのですが、

アベレージで見ると2g以上の差が出てますし、ま~~♂ばっか!

2番に至っては♀しか居りません(笑)

川西G血統は全般ズングリ系の幼虫に見えるのでこれがどうなるのか?

何となく体重を横に持っていかれそうな気がしないでもありませんが、

羽化形状が本当に楽しみですね。


その他、能勢系は相変わらずの絶好調っぷり!

1番から32.1gと30.4gの2本、4番から30.0gと31.3gの2本出ております。

1番はまだまだ残ってますので、

ひょっとしたら2番のアベレージを超える可能性もありますね。



管理NO.09-NO107(83.1×53.6)
NO107-2 

6/5:HS800へ初令投入
9/3:32.1g→2本目HS1400へ



管理NO.09-NO110(83.1×53.6)
NO110-2 

6/5:HS800へ初令投入
9/4:30.4g→2本目HS1400へ



管理NO.09-NO416(81.8×51.2)
NO416-2 

6/5:レビンG800SPへ初令投入
9/3:30.0g→2本目レビンG1400へ



管理NO.09-NO420(81.8×51.2)
NO420-2 

6/5:レビンG800SPへ初令投入
9/4:31.3g→2本目レビンG1400へ
管理NO.09-NO227(83.1×52.0)
NO227-2 

6/5:レビンG800SPへ初令投入
9/2:33.1g→2本目レビンG1400へ


能勢847血統2番からまたまた33gオーバーが出ました!!

本当に凄い破壊力ですね~、スプーンに入れた時の大きさ・重量感が違います。

我が家ではHSが断然の気配を見せていたんですが、

ドッコイ詰めたレビンGSPも遜色ない体重の乗りを見せております。

1本目にしては相当堅め(800クリアボトル肩口まで630g)に詰めたんですが、

結局のところは全く問題ありませんでしたね。


今日、この他に能勢847血統2番から31.4g、能勢80系統3番から31.5gが出て来ました。

これで大台超えはトータル14本になったわけですが、

内訳を見るとHSから5本、レビンGSPからは何と9本も出ております。

数的にはほぼ同じぐらい使ってますので、この差をどう見るか?

あとは2本目の伸びにも掛かってますね、体重減だけは避けたいです(笑)


2本目交換も約75%を消化、残り77本ってトコまで辿り着きました!

だいぶクワルームもスッキリしましたね(笑)


管理NO.09-NO226(83.1×52.0)
NO226-2 

6/5:レビンG800SPへ初令投入
9/2:31.4g→2本目レビンG1400へ



管理NO.09-NO329(81.8×52.5)
NO329-2 

6/5:レビンG800SPへ初令投入
9/2:31.5g→2本目レビンG1400へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。