最近はオオクワガタ育成に夢中、目指すは大型個体!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2本目交換も先週でほぼ完了しております。

残っているのは8月投入組の38本のみ、

それ以外はすべて2本目へ投入済みとなりました。

合計336本あったんですが、うち★が36本あり現在の管理数は300本ジャスト!

約1割程度の★率はまあ仕方ない範囲でしょうか。

これからまだ3本目交換時、蛹化時、羽化時と山場は沢山あるわけで、

最終的に完品羽化まで辿り着ける個体はもっと減るでしょうね。


気になる300本の♂・♀比率ですが、♂が142本、♀が158本。

やっぱり♂が多く47%程度を占める結果となりました。

のこり38本ありますが大差に影響なしでしょう(笑)

各ラインごとのアベレージは次回にでも纏めてアップしたいと思います。


管理NO.10-NO824(81.8×51.2)
NO824-2 

6/17:レビンG800SPへ初令投入
9/13:30.6g→2本目レビンG1400へ


30gオーバーはこの仔1頭を追加して合計27本となりました。

終盤は大失速して結局昨年と同数という結果です(笑)

あと38本残ってますので、何とか数本だけでも増えて昨年超えを達成したいですね。

8月投入組はかなり期待してますのでホントお願いします!!


それと遅くなりましたが2本目交換データを更新しました。

先週はこの作業で精一杯でしたよ(笑)

スポンサーサイト
今日は新成虫のマット交換をしてたんですが、

ついでにノギスを当てたりして鑑賞会をしてみました。

2009シーズン♀最大サイズで羽化して来た能勢1番ラインの仔、

いや~びっくりしましたね、何かちょっと成長してる?(笑)


09-NO106:2011種親、57.0ミリ
NO106-ノギス計測 


この仔は本当にデカイです。

54ミリ~55ミリクラスと並んで見てもその差は凄いですね。

来年は♂最大個体85.4ミリとのペアリングで勝負をしたいと思います。

何としても幼虫を取りたいですね~、スカなら泣きますよ(笑)

NO106-羽化 
今期も早期羽化♀を狙うべく加温を開始しました。

チョイスした♀幼虫は久留米が1頭、能勢が5頭の合計6頭。

KU114:16.7g
NO109:17.4g
NO203:16.1g
NO521:16.9g
NO621:16.4g
NO705:17.5g

サイズ的には16g~17g台を狙ってみます。

♀幼虫の写真は撮ってませんので、6頭の中で一番大きい仔だけをアップ(笑)


管理NO.10-NO705(81.8×55.2)
NO705-2 

6/7:HS800へ初令投入
9/6:17.5g→2本目HS800へ


やはりある程度大きい幼虫じゃないと楽しくもないですし、

あわよくばそれなりのサイズで羽化して欲しいですからね。

目標は52ミリオーバー!! 今期は何とかクリアしたいものです。


それと来年使いたいわけですから、

今年羽化組とはアウト構成になる血統、かつ優良と思われるラインを選んでます。

なので私的には選んだラインはかなり期待してる事になります(笑)


昨シーズンは深く考え過ぎてしまい、

中途半端な管理になって大失敗に終わりました。

今期は途中の低温帯は一切入れず、一気に加温で行ってみます!

まあボトル交換ショック併用の形になるでしょうか。

これで羽化まで行けないようなら来年また考えるしかないでしょう。

最低でも2♀~3♀は成功したいのですがねえ、

来期の為にもホント何とかしたいところです。



虫家加温中!
虫家9.15 
今日までに2本目交換も252本完了しました、

たぶん数は間違ってないと思います(笑)

内訳は♂116本、♀113本、★が23本になります。

今年も♂が多く、あと120本ほど残ってますがそれ程比率は変らないかもしれません。

何とか♀の巻き返しを期待したいところですねえ、もう少し♀が欲しいです。


ようやくではありますが久留米からも30gオーバーが2本出ました。

うち1本はhizoさんから里子して頂いた幼虫でして、しかもオアシスからです!

嬉しいのかどうなのか微妙な心境です(笑)

久留米8番(hizoさん里子ライン)は我が家の久留米では一番アベレージが良いんですよね。

hizoさん、ありがとうございました!きっとデカイ幼虫が出るはずですよ(笑)


管理NO.10-KU704(82×52.7)
KU704-2 

6/7:レビンG800SPへ初令投入
9/9:30.4g→2本目レビンG1400へ


管理NO.10-KU802(82×52)
KU802-2

6/7:オアシスMLへ初令投入
9/9:30.5g→2本目オアシスLへ


管理NO.10-NO115(85×53.3)
NO115-2 

6/11:レビンG800SPへ初令投入
9/8:30.3g→2本目レビンG1400へ


管理NO.10-NO214(83.1×54.5)
NO214-2 

6/15:HS800へ初令投入
9/9:32.1g→2本目HS1400へ


管理NO.10-NO215(83.1×54.5)
NO215-2 

6/15:HS800へ初令投入
9/7:31.8g→2本目HS1400へ


管理NO.10-NO406(83.1×52)
NO406-2 

6/9:レビンG800SPへ初令投入
9/8:30.7g→2本目レビンG1400へ


管理NO.10-NO408(83.1×52)
NO408-2 

6/9:レビンG800SPへ初令投入
9/7:30.6g→2本目レビンG1400へ


管理NO.10-NO517(81.9×52.8)
NO517-2 

6/3:レビンG800SPへ初令投入
9/7:31.5g→2本目レビンG1400へ


管理NO.10-NO1004(85.3×53)
NO1004-2 

6/14:HS800へ初令投入
9/7:31.5g→2本目HS1400へ


30gオーバーは9本追加で合計26本になりました。

昨年の27本は超せそうな感じですね、とりあえずクリア出来そうです。


♂ばかりアップしてますが、♀もかなり大きいのが出ております。

今期も早期羽化を積極的に狙いたいので、

16g~17gクラスを数頭チョイスしてみたいと思います。

それはまた後程に!
今日は時間が取れたので、ほぼ一日中ボトル交換に精を出しました。

トータルで55本の交換、これは過去最高の記録だと思います(笑)


今年の目標の一つでもあったオアシス1本目での30gオーバー、

今日見事に達成されました!!!(嬉)

能勢1番、2番からになりましたが、やはり資質の違いなんでしょうかねえ。

オアシス1本目で30gオーバーは相当素質がないと超えて来れないラインだと思います。


それと能勢4番、

こちらは前ギネス同腹♂83.1ミリと準ギネス同腹♀52ミリの血統背景ですが、

いや~凄まじい結果が出ております。

まだ途中経過でしかありませんが、1本目の平均体重は軽く30gを超えるかもしれません。


管理NO.10-NO104(85×53.3)
NO104-2 

6/3:オアシスMLへ初令投入
9/6:30.4g→2本目オアシスLへ


管理NO.10-NO202(83.1×54.5)
NO202-2 

6/3:オアシスMLへ初令投入
9/6:30.1g→2本目オアシスLへ



管理NO.10-NO204(83.1×54.5)
NO204-2 

6/3:オアシスMLへ初令投入
9/6:31.8g→2本目オアシスLへ



管理NO.10-NO209(83.1×54.5)
NO209-2 

6/3:レビンG800SPへ初令投入
9/6:31.4g→2本目レビンG1400へ



管理NO.10-NO218(83.1×54.5)
NO218-2 

6/15:レビンG800SPへ初令投入
9/6:30.7g→2本目レビンG1400へ



管理NO.10-NO403(83.1×52)
NO403-2 

6/9:レビンG800SPへ初令投入
9/6:32.1g→2本目レビンG1400へ



管理NO.10-NO405(83.1×52)
NO405-2 

6/9:レビンG800SPへ初令投入
9/6:32.2g→2本目レビンG1400へ



管理NO.10-NO410(83.1×52)
NO410-2 

6/9:レビンG800SPへ初令投入
9/6:31.5g→2本目レビンG1400へ



管理NO.10-NO417(83.1×52)
NO417-2 

6/9:レビンG800SPへ初令投入
9/6:31.0g→2本目レビンG1400へ


管理NO.10-NO810(81.8×51.2)
NO810-2 

6/4:HS800へ初令投入
9/6:30.6g→2本目HS1400へ


今日は合計10本の30gオーバー、これにて今期17本になりました。

中々のペースですが久留米からは未だ1本も出てません。。。

現状で29g台が最高、今年も厳しいかもですね。
昨日、ちょとした理由で『銚子オオクワガタ倶楽部』の古川さんとお会いしました。

私にとっては師匠と呼べる方なので突然のオフ会に舞い上がりましたよ(笑)

色々なお話を聞かせて頂き本当に有意義な時間を過ごせました。

私はhizoさんのようにはなるまいと思ってましたが、

最終的にはしっかりとご馳走になってしまいました(汗)

古川さん、わざわざ遠い所をお越し下さり本当にありがとうございました。

次は是非、銚子へ遊びに行きたいと思います!

その時はよろしくお願いします。


さて2本目交換も徐々にペースが上がって来てまして、

今日現在で♂31本、♀3本の交換を完了しました。

♀3本というのは完全に目測の誤りです(笑)

来週にはオアシスも到着するのでさらにピッチを上げたいですね。


管理NO.10-NO612(81.9×51)
NO612-2 

6/4:HS800へ初令投入
9/3:30.6g→2本目HS1400へ


管理NO.10-NO628(81.9×51)
NO628-2 

6/4:レビンG800SPへ初令投入
8/31:30.3g→2本目レビンG1400へ



管理NO.10-NO814(81.8×51.2)
NO814-2 

6/4:HS800へ初令投入
9/3:32.0g→2本目HS1400へ



管理NO.10-NO815(81.8×51.2)
NO815-2 

6/4:HS800へ初令投入
9/3:32.1g→2本目HS1400へ


まだ1本も交換していないラインもありますが、

ここまで交換してきた中では能勢5番、6番、8番が体重の載りが良いようです。

特に8番は現状だけで見ると素晴らしい結果が出ております。

8番の種親♀は2009シーズン能勢2番の早期羽化個体、

やはり優秀なラインの♀は次世代も素質を引き出し易いのか?


今年はこれで7本目の30gオーバー、

昨年は27本出てたのでそこは何とか超えたいですね!
幼虫を見て長いとかフォルムが良いとか言われる方が居ますが、

正直私には判断出来ません(笑)

一昨年、昨年とかなりの数の大型幼虫を見ましたが、

自分なりにマークしていた幼虫よりノーマークの幼虫の方がデカク羽化して来ました(笑)

例として今年大きく羽化して来た個体の3本目交換時の幼虫の画像をアップします。


管理NO.09-NO204:85.4ミリ羽化
NO204-3 


管理NO.09-NO207:84.5ミリ羽化
NO207-3 


上の画像は2009ブリード群で最大個体で羽化した85.4ミリの幼虫時です。

どう贔屓目に見ても長くはないです。

というかちょっと短いような気もしてて、大きく羽化出来るかは半信半疑でした。


下の画像は少ない体重から大きく羽化してきた84.5ミリの幼虫時。

頭幅は測ってませんがそんなに大きくはないでしょう。

こちらは記憶の片隅にも残ってないほど印象の薄い幼虫です(笑)

ですが羽化した成虫の頭幅は29.8ミリと一番幅のある個体です。


幼虫の長さを測った事はありませんが、

我が家の幼虫の雰囲気だけで判断すると、

久留米と能勢では断然久留米のほうが長いです。

ですが成虫サイズは出てきません(笑)


幼虫の体重が載って来れば当然に不全が増えますし、

長ければお尻が収まらないケースも多いです。

結局は血統論と種親サイズ、そして当たり具合になってしまうのでしょうか。


キャリアを積めば分かってくるのかもしれませんが、

現状ではとにかく幼虫体重に拘って行くしかないでしょう。

あとは資質さえあれば勝手に大きく羽化してくれるような気がするのは私だけ?(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。