最近はオオクワガタ育成に夢中、目指すは大型個体!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
菌糸の最終交換時における幼虫体重を比較して、

大きく羽化して来る事を良く還元率が良いと言われてます。

それはそれで間違ってはいないんでしょうが、

私は幼虫体重より蛹体重が重要だと考えています。


幼虫の最終体重に比べて大きく羽化して来る、

それは成長力がある血統なら最終交換時以降も、

さらに体重を伸ばして羽化していると考えるのが妥当じゃないでしょうか。

確かに成熟しつつ体重を維持出来るスペシャルな血統群もあるでしょうけど(笑)

ただそこは最終交換以降は見えない部分ですし、

個体差・飼育環境でかなり左右される所だと思います。


それに対して蛹体重からの羽化サイズはハッキリと違いが分かります。

例えば22gクラスの蛹でも78ミリぐらいでしか羽化して来ない血統群もありますし、

82ミリクラスで羽化して来る血統群もあります。

25gクラスの蛹でもやっとこ80ミリで羽化する血統群、

方や軽く83ミリオーバーで羽化して来る血統群も居ます。


この辺も個体差と言えば個体差なんですが、

それでも種親を選定するには十分なポイントだと考えます。

蛹体重が重いほど不全の確率が上がるのは事実ですし、

同じサイズで羽化するなら蛹体重は軽い方がベターだと思います。

これが所謂、還元率の良い血統群ではないでしょうか。


羽化アベレージの高い血統群、そしてその中でも蛹体重からの還元率の良い個体、

そういった個体を種親として選別して行きたいですね。

ただこれだと全部の蛹を掘らなきゃいけません、無理か(笑)
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!
最後の一文を読むまでは、「マサレッドさんって♂の蛹を全部掘ってるの?」と思っちゃいました(笑)

蛹体重からの還元率…
すごく納得できました^^


2011/02/01(火) 22:43 | URL | バナマロ #-[ 編集]
こんばんは
そこまで体長に差がでる場合があるのですね。(-o-;)

やはり血統なのでしょうか?


確かに成熟が遅い個体もいるわけで、還元率が良いこと証明するには、蛹体重からの還元率で比較するのが間違いない方法ですね。

ただ同じラインを蛹で掘り出し、蛹化から羽化まで幾つかの温度帯で比較すれば、「蛹化期間を低温にすれば体長が伸びる」という説を検証出来ますね。


羽化不全のリスクはありますが、蛹を取り出し試してみる価値はありそうですね。(^_^;)







2011/02/01(火) 23:11 | URL | チョネ #-[ 編集]
こんばんは
確かに出来れば蛹では取り出したくないです。
でも体重、気になります。
羽化まで楽しみに待っています(笑)
蛹体重からの還元率は確かにどのような血統なのか比べられますね。
2011/02/01(火) 23:30 | URL | よしくわ #-[ 編集]
こんばんは
確か昨年は掘られていましたよね。
実際に経験されて居る方からのお言葉ですから重みを感じます。
私も還元率の良い種親にあこがれています^^
2011/02/01(火) 23:40 | URL | piro753 #L8AeYI2M[ 編集]
こんにちは
マサレッドさん、大変参考になるブログですね。
でも、掘り出す手間と羽化不全の心配が付きまといます。マサレッドさんのチャレンジをお待ちしています。
2011/02/02(水) 09:54 | URL | ゲバゲバ90 #-[ 編集]
毎度
深いですね
今年はマサレッドさんを見習って、小マメにデータを収集し、もっともっと勉強しなくてはいけないと
しかしカワラ恐怖症とは
一体何処のカワラを使用したのでしょう?
カワラ材の絡繰りを暴露した事がありますが、見事にその悪い材に当たってしまったんでしょうかね
去年古川さんは爆産したと報告が有りましたよ
2011/02/02(水) 14:11 | URL | キャプテン海斗パパ #PIpocw5A[ 編集]
こんにちは!
マサレッドさん、こんにちは!
蛹からの還元率ですか。成虫の前の段階が蛹
ですので、幼虫体重よりも蛹体重の方が成虫への
還元率の点では精度が高いでしょうね。
ただ、全部掘るのはなかなか難しいですね。。。
各ライン5、6頭掘れば、そのラインの傾向もある程度
分かるでしょうからそれも1つの方法かなと思いますが、
あえて掘る勇気が私にはありませんwなので、私は、
結局、成虫サイズのみを見てしまうことになりそうです(^_^;)
2011/02/02(水) 17:03 | URL | クワガエル #72sFhiUE[ 編集]
こんばんは
マサレッドさん、こんばんは。

う~ん、蛹体重ですか。
すべての個体を人工蛹室にすることができないですので、
検証が難しいですが、実感として凄く納得できますね。
2011/02/02(水) 20:46 | URL | 鍬形屋七兵衛 #-[ 編集]
こんにちは
こんにちは。
幼虫の最終体重ってタイミングが解らないですよね。
蛹なら解りやすいし、水膨れって事もないですからね。
全数露天掘り?限界がありますね。
でもチャレンジしてくださいね。
2011/02/04(金) 11:01 | URL | KIYO-5 #-[ 編集]
皆様、コメントありがとうございます。
>バナマロさん
いやいや、流石に全部は掘れませんね(笑)
色んな蛹が居ますので、
掘るとまた違ったものも見えるので楽しいですよ。

>チョネさん
同じ蛹体重でもラインによってはかなり羽化サイズが違います。
血統の一言になるかもしれませんね(笑)
それに個体差が絡んできます。

>よしくわさん
確かに不全は付き纏いますね。
勝負蛹は掘り難いです。
単純に同レベルの幼虫と比較出来ればいいのかなと思ってます。

>piro753さん
昨年はかなり掘りましたよ(笑)
色々見れたのでそれはそれで良かったと思ってます。
ホント色々な蛹が居ますね。

>ゲバゲバ90さん
不全の心配はありますね。
期待してる蛹は中々行けません(笑)
今年は程ほどで止めておきます。

>キャプテン海斗パパさん
普通に幼虫が取れればいいので、
あえてカワラじゃなくてもいいかなと思ってます。
昨年が昨年だったので(笑)

>クワガエルさん
仰る通り全部は無理ですから、
各ライン同レベルの幼虫サイズを、
数本程度比較出来ればと思います。
でもやっぱり羽化サイズは最優先ポイントですね(笑)

>鍬形屋七兵衛さん
うちは基本的に露天掘りです。
昨年もかなり掘りましたが、
人工蛹室は1個だけ使いました。
やっぱり自分で作った蛹室が一番かと思います。

>KIYO-5さん
全数の蛹掘り出しは無理ですね(笑)
各ラインを比較出来ればいいので、
数本づつで十分かもしれませんね。
2011/02/04(金) 20:05 | URL | マサレッド #/5lgbLzc[ 編集]
こんばんは!
還元率の新しい定義ですね。
確かに幼虫体重は人によって交換する時期が違いますから比較対象としては弱いかもしれませんね。交換前後で成長、減少もあるでしょうから。
蛹の場合はそれがない分、比較になりやすいということですよね。

ただ、不全が怖いので掘って計れそうにないです(汗)
2011/02/04(金) 21:11 | URL | camuze #-[ 編集]
こんばんは。
久しぶりです。
最近サボりまくりのラダ夫です。
還元率の話は良く分かります。
去年クワ友さん(チッパーさん)にメスを譲った時、
一生懸命に横から見て薄い個体を選んでました。
同じ長寸なら、薄い方が軽いという理屈でしょう。
みなさんあまり表には書かないので、
一応秘密コメでお送りします。

今日、能勢と久留米の種親を、部屋に入れました。
全頭無事でした。
初夏が待ち遠しいです。(笑)
2011/02/05(土) 22:37 | URL | ラダ夫 #-[ 編集]
こんばんは!
大変勉強になりました(^^)

最近、蛹の体重を量っていらっしゃる方をお見かけするので気になってたんです。

同g別血統で合わせて試してみたいです!
2011/02/06(日) 01:09 | URL | こちろ #c8dTRiQ2[ 編集]
皆様、コメントありがとうございます。
>camuzeさん
仰る通り幼虫の最終体重はブリードスタイルで大分違うと思います。
ただ蛹を弄るのは間違いなく不全率をアップする行為ですし、
勝負虫は掘らない方がいいですね。

>ラダ夫さん
全然秘密コメになってませんが。。。(笑)
♀は皆さん色んな選び方をされてるようですが、
これは正直難しいですねえ。
これが分かれば数ラインしか飼育しません(笑)

>こちろさん
そうですね、各ラインで比較するのが肝だと思います。
色んな蛹がいて楽しいですよ。
でも癖になるのでやり過ぎ注意です(笑)
2011/02/08(火) 22:03 | URL | マサレッド #/5lgbLzc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://masared.blog79.fc2.com/tb.php/713-5b780978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。